2009年01月24日

Spark Porsche 962C 11 LM 1989

どもです。
特価品の第2弾。
グループC王道の962Cでございます。


09011801.JPG

懐かしのレイトンカラー。
いい色っすねぇ〜。

09011802.JPG

この962、ずーっと欲しいものリストにのっかったままだったんですが、ようやくゲット。
しかも激安で入手できたんでラッキーでした。


09011803.JPG

しかし実車に関してはな〜んにも知らない。
何位でゴールしたのか、それともリタイアか?
誰が乗ってたのとかも(台座に書いてあるけど見てないなぁ・・・)
ただ、このレイトンブルーのマシンが欲しかっただけ。
たまにはこんなのも・・・あると思います!
ではでは。


09011804.JPG
posted by hiro-speedvan at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

Spark Jaguar XJR 9 60 24h of Daytona 1988

どもです。
年明け初のミニカー記事。
といっても買ったのは先月なんですが・・・。
よくのぞきに行くネットのミニカーショップで特価品大放出ってのをやってまして、ついつい衝動買い。
計3台買ったんですが、年末バタバタしてたら1台も紹介してませんでした。
まぁ元々新製品てわけじゃなし、のんびり紹介していきます。


09011101.JPG

スパークのXJR9。
といってもおなじみのシルクカットじゃなく、カストロールカラー。
アメリカのIMSA−GTってレースに出場してたマシンで、デイトナ24時間レースの優勝車だそう。


09011104.JPG

XJRといえばシルクカットカラーのイメージが強すぎますが、こっちもいいっすね。
なんといってもスポンサーマークが省略されてない!(^。^)


09011103.JPG

外観上はル・マン走ってたマシンと変わらない気がしますね。
翼端の形状が違うくらいかな?


09011102.JPG

しかしホントグループC好きだなぁ・・・自分。
いろいろあった特価品の中から選んだ3台、結果的に全部グループCでした。
あんまり意識してなかったんだけどね。
てことでグループCってカテゴリーを追加しました。
今までル・マンの中に入れてたんだけど、別枠にします。
残りもぼちぼちと紹介しますね。
ではでは。


posted by hiro-speedvan at 18:13| Comment(4) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

Q-MODEL NISSAN R90CK 1990LM

どもです。
前に書いた割引券を使ってきました。
といっても2月あたまの話なんですが。
一応予定どうりの買い物です。






08022001.jpg

Q-MODEL NISSAN R90CK 1990LM。
最近はまってる日産Cカーです。
R90CP、R92CP、R89Cと紹介してきましたが、こいつが一番お気に入りですね。
本当はポールポジションをとったbQ4が欲しかったんですが、さすがに残ってなかったです。
2月に発売してくれてたらなぁ。
でもそれほどこだわりはないかな。





08022002.jpg

ロングテールも嫌いじゃないですが、ショートボディに羽根付きの方がカッコいいっすね。
後、スパッツもない方がいい。
タイヤやホイールが見えてないと寂しいっす。
てなるとR90CKが一番てことになるんだよな。





08022003.jpg

真っ黒ホイールに黄色でDUNLOPがかっこいいなぁ〜。
実はここが一番好きなとこだったり。
リアフェンダーの形状もR89Cより盛り上がってて、たくましい感じです。

しかし、短期間に日産Cカー増えたなぁ。
ちょっとしたマイブームでしたね。
さて次のマイブームはなんだ?



















posted by hiro-speedvan at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

Q-MODEL TOYOTA 89C-V

どもです。
う〜ん昔からの悪いくせですが、何事も最後までやり遂げるのが苦手でして。
あともうちょっとって思ったとたんに飽きるというか、集中力が切れるというか・・・。
何の話かというと京商カル・コレの続き。
ま、初めから全車種を紹介する気はなかったんですが、もう少し紹介するつもりだったんだけどなぁ。

で、今日も違うやつを。





08012001.JPG

Q-MODEL TOYOTA 89C-Vです。
前回のR89Cに続いてQ-MODELの登場。
R89Cもそうなんですが、いつものホビーショップ中古コーナーより入手しました。





08012002.JPG

ずーっと残ってたんですよね、¥1,980なのに。
R89Cは見つけてすぐに買ったんですが、こちらはなんとなく次候補のままになってて。
もう売れたかな?と思ったらまだいる。
じゃ買おうかなって思ったら、他にいいのが見つかったりしてそっちを買って、また次候補。
時間かかりました。





08012003.JPG

懐かしのタカQカラーです。
タカQというと、ポルシェの方が印象あるなぁ。
前にも書いたけど、あ〜んまりトヨタのルマンカーって知らないんだよなぁ。(GT-ONEは別)
まぁそのへんがなかなか買わなかった理由だな、きっと。
とはいうものの、日本製ルマンカーはやっぱり欲しいのよね。


1989年のルマンでトヨタはボールポジションを獲得したんだけど、Tカーだったんで無効になったらしいんですが、それってこの車なんでしょうか?
ゼッケンにTってあるしね。
てことなら、このモデルもちょっと興味わくかな。






posted by hiro-speedvan at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

Q-MODEL NISSAN R89C 1989LM

どもです。
え〜カル・コレの方ですが、3回も続けるとちょいと飽きてきたんでR92CPつながりのこんなネタなんぞを。





08011901.JPG

Q-MODEL NISSAN R89C 1989LMです。
う〜んカッコイイ!
好みからいうと、R92CPよりはこっちの方が好き。





08011902.JPG

R90CPはロングテールだったけど、こっちはショートテール。
リアのスパッツはこの頃の流行りでしょうか。
トヨタやジャガーも採用してましたね。




08011903.JPG

このカラーリングかっこええなぁ。
スーパーGTにも採用できないっすかね。


この1989年からル・マンに出場するにはスポーツ・プロトタイプカー選手権(WSPC)全戦に出場することが義務付けられました。
当然日産も全戦出場したわけですが、その第5戦ニュルブリンクでのこと。
WSPCを統括するFISAの担当者が日産に対し賛助金という名目で金を出せと言ってきたそうです。
TVでCMを流すとか看板を立てるとかそういった見返りは一切なし。
国際社会では「日本=金をばらまく」ってイメージなんでしょうね。
それに対して当時の責任者だった町田さんて方は「そんな理由のわからん金出せるかぁ!!!」とつっぱねたそうです。(立派!)
すると今度はFISAの担当者がTV局に対して「日産の車は写すな!」と指示を出したと。
それを聞いた町田さんは「なにを〜!!!」てな感じで、勝ちにいくレースからトップを走るレースに計画変更。
この年デビューしたザウバーC9を見にきたドイツの観客の前で、レースの9割がたをトップで独走しましたとさ。
当然TV局も撮らないわけにいかないっすよね。
もちろんCカーは燃料規制のあるレースなわけですから、最後はガス欠でリタイアしたんですが、メルセデスは泡食ったらしいっす。

ニュルブリンクのコースは相性が良くて優勝の可能性もかなりあったそうなんですが、それを捨ててまで意地を見せたなんてカッコいい〜。
当時の日産にはすごい人がいたんですね。
やるなぁ。

なんか日産の競技車両ばかり見てたら、前に紹介した本にのってた記事を思い出したんで、ちょっと紹介してみました。

ではでは。

*今年デビューしたザウバーC9と書きましたが、前年から走ってたんですね。
伝統のシルバー・アロー復活っていう意味でのデビュー年てことでした。
すいませ〜ん






posted by hiro-speedvan at 03:22| Comment(2) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

京商カルソニック・ミニカーコレクションその3

どもです。
間延びしながらの第3弾。
本日はR92CPです。



08011236.JPG
08011237.JPG

う〜ん、すごい。
これが¥680とはすごすぎます。
ホイールは2色塗り分け、ドアミラー完備にボディカラーは3色トリコロールカラー。
この間出たR90CPと変わんねぇんじゃないの?

てことで、あいかわらずの比べっこっす。





08011240.JPG
08011244.JPG


変わんねぇ・・・

ボディカラーの塗り分けのにじみ具合とか同じレベル。
あっ!給油口なんかコンビニ版の方が色入ってる〜。





08011241.JPG
08011242.JPG

ヘッドライトのポッチ処理も同じ。
最初がコンビニ版で後がビーコレ。
ここはビーコレで一番気に入らなかった部分なんだけど、コンビニ版と同じだと思ったら、「もうちょっとなんとかせーよ」って気分になりましたね。




08011243.JPG

フロントのダクト部分の彫り込みも差なし。
どーしたビーコレ!
そしてとどめがこれ。




08011246.JPG
08011245.JPG

最初がコンビニ版で後がビーコレ。
前にも書きましたが、ビーコレは羽根と支柱がくっついてない。
ところがコンビニ版はちゃんとくっついてます。
支柱の形状もほぼ同じ。


ま、価格が2倍以上もするビーコレですから、当然勝ってる部分はあります。

一つはワイパー。
コンビニ版は窓と1体成型で、黒く着色。
ビーコレは別パーツ。しかもけっこう華奢な造り。

後はアンテナとテールランプがつきますね。

別パーツになってるとことの造りはさすがにビーコレの形状の方が細かいです。
コンビニ版のドアミラーもたぶんビーコレならもっとシャープな形状になってたでしょうね。


しかし¥1,800ちょっとと¥680の差がこれだけとは寂しいっすね。
ボディやホイールはほぼ同レベルですから。
てことは、単品だと価格はそう変わんないのかな?

とはいえ、コンビニ版でここまでやるならビーコレはもうちょいがんばってほしいっすね。
この間紹介した300ZXぐらいのレベルで全部出してほしいっす。

ではでは。
















posted by hiro-speedvan at 03:09| Comment(2) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

PORSCHE 962C LM 1987

ども、お久しぶりです。
いや〜なかなか更新できないっすね〜。
今日もこんな時間でございます。(AM2:52)
とはいうものの、あんまり更新しないのもつまんないしね。
ショートではございますが、特価品パート4なんぞを。




07120602.JPG

スパーク製 PORSCHE 962C です。
956に引き続き962Cも入手しちまいました。
こいつも¥2,000弱。
確かに見たことのないカラーリングだし、不人気だからかな〜なんて思いながら買ったんですが、1987年のルマンで2位の車じゃないっすか!



07120601.JPG


ほんとならケースから出してちゃんと撮ってやりたいし、この間のPMA製956との比較なんかもしたいんですが・・・。

今日のところは紹介まで。
特価品特集まだ続く。




posted by hiro-speedvan at 03:02| Comment(2) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

Porsche 956L

どもです。
レーシング・ポルシェファンの皆さんこんばんわ。
今日の紹介は、最も成功したレーシング・ポルシェ(でいいんだろか?)の956でございます。




07111601.JPG

MINICHAMPS Porsche 956L 24h LeMans 1983


ケンウッドのロゴが目立ちますね〜。
この車は1983年のルマンでアンドレッティ親子&フィリップ・アリヨーが駆った車で、3位にはいってます。




07111602.JPG


こいつも前回の910に引き続き特価品での購入。
¥2,000を切ってます。




07111605.JPG

グループCはいろいろ持ってるんですが、以外に956は初めて。
前にプラモは紹介しましたが、ミニカーは買う機会がなかったんですね。




07111604.JPG
07111603.JPG

前後のホイールです。
なかなか素晴らしい出来ですね〜。
特にリアのホイールはメッシュをエッチングで表現。
素晴らしいっす。




07111606.JPG

それに引きかえ、給油口はデカール仕上げ。
遠目で見てもわかります。
ここもエッチングパーツでいってほしかったなぁ。
定価は¥6,000するんだからねぇ。
このへんは最近はixoの方ががんばってるんじゃないでしょうか。
でも、それ以外はなかなか満足。
いい買い物でした。

そして特価品特集はまだ続く・・・。

posted by hiro-speedvan at 03:23| Comment(3) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

AUTO art MAZDA 787B その3

どもども。
最近また帰りが遅いんで、ちまちました更新になっとりますが今日で終わらせんとね。
てことで、続き。


06120311.jpg

カウルの合わせ目ですが、段差は少ないです。
「exoto」ととはだいぶ違うなぁ。

そういえば、今月の「Quanto」のP32に「GMP」のXJR-9が紹介されてましたが、なんと1/8
でか!そしてお値段28万5,600

買えんし置くとこないっすね。
でも写真で見る限りでは、合わせ目なんかは雑な感じがしましたね。
おっと話がそれました。
カウルの取り付けですが、かなりしっくりしてます。
しっくり過ぎてフロントなんか、なかなか付かなかった。
だって力の入れ加減がわからんのよ。緊張〜。
リアも


06120315.jpg

右の方、よく見ると塗装のこすった粉が落ちてます。がーん!
カウルと合わさる部分が外した時にこすったようです。
カウルをよく外す人は気を付けましょうね。

後は他に気に入ったところなんかを。


06120313.jpg

ウィングの付け根。薄くてリアル!


06120314.jpg

フロント部。


06120316.jpg

マフラー出口。
ダクトのスキマから見えるパーツが泣かせます。

06120317.jpg

付属品っす。
まだ飾る場所が確保できてないんで、アンテナとか付けてません。
来年は1/18用の棚を作って並べたいっすね。


そいえば、カウルの裏側。


06120304.jpg


さすがに、ブレーキランプの配線はなかったっす。

しかし、いい買い物したなぁ〜すげぇ満足です。
いつもの小さいやつらももちろん大好きですが、こういう高くて精巧なモデルもすばらしいっす。
なんか、どんどん深みにはまっていくのが怖いような、うれしいような・・・。










posted by hiro-speedvan at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

AUTO art MAZDA 787B その2

どもです。
早速昨日の続き。


06120305.jpg

本体です。
精密感あふれてる〜なエンジン周りにちょっと感動っす。


06120306.jpg

あっぷ!


06120307.jpg

もっとあっぷ!


06120308.jpg

アングルも変えてどうだ!
ってちょっと興奮気味ですね。
でもほんとすごい。
「exoto」の時もすごいと思いましたが、自分的には「AUTO art」の方が気に入りましたね。
一つ一つのパーツ形状が「AUTO art」の方が精密というか、エッジがきいててシャープに見えるというか。

それでは恐る恐るですが、カウルをかぶせてみます。
緊張するなぁ。


06120309.jpg
06120310.jpg

かっこいい〜!
フロントからの眺めもいいですが、後ろからのアングルだとダクト類が全部開口しているのがわかりますね。
そこから中身が見えて、これぞ大スケールの醍醐味!
もう少し書きたいんですが、そろそろ眠いんでさらに続くです。






posted by hiro-speedvan at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

AUTO art MAZDA 787B その1

どもっす。
え〜また買っちゃいました。大物を
月も替わりまして、金欠状態から脱した途端にこれですわ、ハハハ。
きっかけは、まぁ前に買った「exoto」ですね。
確かにすごい造りで、「exoto」を買ったという満足感もあったんですが、それほどでもねぇんじゃないの?という気持ちもあったりしまして。
(ちなみに自分の買ったXJR-9LMですが、フロントのトーイングフックがないということに気がつきました。ちょっとショック。)
で、他と比べてみたいなと。
前に言ってた手持ちの京商の037 RALLEYと比べてもよかったんだけど、できれば同じCカーの方がいいかと思ってがんばって買ってしまいました。
えっ?ただ欲しかっただけじゃねぇかって?



そうだよ!


06120301.jpg

どん!中身を期待させる箱ですね。
こいつが入る白箱もあるんですが、ピンボケしたんでカットです。



06120302.jpg

発泡ケースの登場っす。
シリアルbェ書かれたカードと、説明書(カラー)が付いてます。
カウルは発泡ケースの上面に収納。
おお!前面カウルも外れるのね。


06120303.jpg


中身登場!
こいつは・・・はっきりいって期待以上の出来でねぇの!!
と、盛り上げといて続くです。



posted by hiro-speedvan at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

Jaguar XJR-9LMその2

ども!続きです。
一般的に1/18スケールは開閉ギミックがつきものです。
これくらいの大きさになると開閉部分のスキマも目立たなくなってくるし、エンジンやら何やらを作るのも楽になってくるからでしょうかね。
Maistoとか、そこそこの値段でそこらじゅう開いて、お得感あるもんなぁ。
しかし、その辺あたりと一線いや二線あたり引いてくるのがこのクラス。
さて中身から。


06111209.JPG
06111210.JPG

う〜んすごいなぁ。
ちゃんと一つ一つ部品が作ってある感じがする。
Maistoあたりはいろんな部品を一体にして部品点数減らしてありますが、さすがexoto。
部品点数多いんだろうなぁ。
そして、パイピング。
いろんなホース類が這い回ってます。


06111216.JPG

あはは!テールランプの配線だぁ〜。


06111211.JPG

ドアのあたりも配線が。
実車についてるもの全部再現する気か?


06111214.JPG
06111215.JPG

ホイールっす。
わかりにくいかもしれないけど、エアバルブも再現してる。


06111213.JPG

当然ラジエータあたりは、あたりまえっすよね。

う〜んすごい!
どんな感じか表現すると、タミヤのディスプレィモデルにディテールアップパーツを組み込んで、重量感を持たせたってところでしょうか。
しいていうなら機関部に少しウェザリングを施してやったら、もっと臨場感がでてさらにすごいもんにならんかなぁ。(絶対できんけど・・・)


06111217.JPG
06111218.JPG

再度カウルを戻してみました。
お?


06111219.JPG

あらら、えらい段差が。
合わせはあんまりよくないんですね。
ここでちょっと我に返ったりして。

このあたりは京商の方が上なんかなぁ。
自分が持ってるのはLANCIA 037 RALLEYだけだけど、合わせはばっちりだった。
それに再現度もそう引けをとらんかも。
値段は倍以上違うからね。(輸入物だからもう少し差は小さいか)
今度比較してみるか。最近奥に入れっぱなしで全然見てないからなぁ。
だいぶ美化してたりしてね。
同じようにパイピングとか加えてやると勝てるかな?

ま、exotoも京商が輸入してるし、お互いぶつからんように価格の棲み分けをしてるのかも。

でもね、やっぱり満足感あるのよ。


買っちゃったぁ!てね。


06111220.JPG







posted by hiro-speedvan at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

Jaguar XJR-9LMその1

どもども。
いや〜やってしまいました。
何がって?



衝動買い!


誰だよこの間金欠だって言ってたの。
でもなぁ、タイミングってあるんだよな。
最近Gr.Cが気になってててね。
で、ヤフオフなんかをウォッチングしてたってもんだ。(金欠なのに)
そしたらついついポチッと押してしまいました。
でも、どうせまだまだ上がるだろって思って期待してなかったんだけどね。


さて、Jaguar XJR-9LMでございます。
オニクスじゃない。
イクソでもない。
前から1台欲しいと思ってるスパークでもない。




exotoでございます。



06111201.JPG

どん!立派な箱でございます。
一応中古なんですけどね、ほぼ未開封とのことなんで程度はよさそう。


06111203.JPG

外箱の中から出てくるまた箱。う〜んじらすなぁ。
しかし、この親子風のキャラは何?


06111204.JPG

そして発泡スチロールが出てきてあけると・・・


06111205.JPG

おお!やっとお目にかかれたぜぇい!!
こいつが憧れのexotoかぁ〜。う〜ん感動!(!マークばっかり)
包み紙がちょっと雑に破られていましたが、まいっか。



06111206.JPG

取り出して羽根をのせてみました。(羽根は別梱包)


06111207.JPG

何か触るの緊張するなぁ。
なんてったってコレクション中、最高値だからね。
しかし、金欠状態で衝動買いする代物じゃないはずなんだけどな。
ま、それくらい魅力的な金額だったってことで。

さてさてやっぱりexotoの真骨頂は作りこみの細かさだと思いますが、そいつの紹介は・・・


続く。

posted by hiro-speedvan at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | グループC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。