2010年06月09日

M4 Alfa Romeo Giulia 1600 GTA

どもです。
ひっさしぶりの更新!
あいかわらず忙しさにかまけてさぼってたんですが、前回の記事に書いてた物が届いたので報告しようかな〜なんて。


2010060801.JPG
2010060802.JPG

M4の古いアルファ。
京商1/64でもありましたね。(あっちは1300か)
前回紹介したやつがなかなかの出来だったんで、期待してたんだけど・・・なんかいまいち。


2010060803.JPG


プロポーションはいいんだよなぁ。
離れてみるといい感じなんだけど、造りが雑な感じ。

まず届いたやつが不良品で、エッチングのワイパーがひん曲がってて、この時点でテンション↓。
あと、フェンダーミラーの接着剤がフェンダーにはみ出しててさらに↓↓。


2010060804.JPG

まぁこの辺まではハズレを引いたとあきらめましょう。
もうちょい見てみると、窓がなんだか傷だらけ。


2010060805.JPG

これもハズレ!かと思ったらショップの紹介写真も同じ風。
個体差じゃないわけね・・・。

他には、ゼッケン付けてる競技車両の割にはロールバーが付いてない。
京商1/64でさえ付いてたのに、これはいかんでしょう。
前回の156もちゃんとしてたぞ。
グリル周りも黒い部分はただののっぺらぼうだし。
ワイパーがエッチングの割にはこういうところは雑な仕上げだよな。
まぁ、へたに甘いモールドでメッシュ表現するよりいいかもしれんけど。
あ、下のグリルはメッシュっぽくしてあるなぁ。

2010060806.JPG

だいたい、ボディ2トーン、スポンサーマークがバリバリに入ってタイヤデカールもちゃんとついてる前回の156より今回のやつが定価高いってのもわからん。

てことで、今回非常に残念でした。
前回のが良かっただけになぁ〜落差も激しいっす。
予約で買ってるから、割安感もあんまりないんだよなぁ。
まぁ、M4については今度から予約はしないっす。
前回みたいにいいやつもあるんだろうけどね。
今度買うことがあったら、入荷した写真見てから決めることにします。








posted by hiro-speedvan at 14:40| Comment(2) | TrackBack(0) | マイナー・レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

EBBRO Schnitzer Celica Turbo Gr.5 1978

どもです。
セリカLBターボつながりでこちらを。




08040604.JPG

エブロ製のLBターボです。

LBターボ=青色のマシンが世間一般の常識ってとこなんですが、こいつはタミヤが発売したプラモデルのせいでしょうね。
皆さん一度は作ってるんじゃないでしょうか?
でもこんな仕様のもあったんですね〜。



08040602.JPG

青いのは1977年のマシンで、こいつは1978年のマシン。
ドイツ国内の耐久レースに出場してまして、ポルシェ935ターボとかと戦ってたようです。
77年がデビュー年で、4戦目で優勝したとありますね。
だからタミヤも77年をモデル化したんだろうなぁ。
エブロからはこのほかに1979年のマシンも発売されてましたが、こっちは日本のレース出場車みたいですね。




08040601.JPG


タミヤからは1/24と1/20が発売されてましたが、1/20は78年用のデカールも付属してました。
箱絵にも赤いのが描かれてます。
でも説明書には詳しく載ってないんですよ。
「箱絵を参考に貼ってください」だって。
あと、「一部形状が違うところがありますが」って書いてあります。





08040603.JPG

エブロのを見ると一目瞭然ですが、フロントフェンダーが大胆にカットされてます。
それにリアもだいぶ延長されたみたい。




08040609.JPG

青いのはテールランプ部分とフェンダー端がここまで離れてなかったっす。
あと、フロント周りもデザインが違います。





08040605.JPG

ヘッドライトが4灯から2灯になって、エアインテークを追加した感じ。
冷却で苦労したんでしょうか?
よく見ると、フロントスポイラーの形状もなんか違うし、だいぶ変わってるなぁ。
これで77年、78年を共用にしようってのはタミヤも無理があるなぁ。
でも昔はみんなこんなもんでしたけど。
最近はプラモデルもミニカーも細かい仕様まで再現してくれるんでありがたいことです。




08040606.JPG

最初は青い方を買おうか迷ってたんですが、中古コーナーでこいつを見つけたもんだから結局青い方は買わずじまい。
でも、やっぱりLBターボのイメージって青い方なんですよね。
今さらながら買っておけばよかったかなぁ〜なんて。
ま、プラモデルになかった仕様なんでこれはこれで満足してますが。


REAL-Xのせいで変な虫が騒ぎだしちゃった。

posted by hiro-speedvan at 02:40| Comment(2) | TrackBack(0) | マイナー・レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

AUDI SPORT QUATTRO S1 PIKES PEAK 1987

どもです。
正月休みを利用して今のうちに更新回数を増やしとこうかな、なんてね。

え〜前回に続いてまた「マイナー・レース」カテゴリでございます。
毎年米国の独立記念日にパイクス山で開催されるヒルクライムレース。
スズキスポーツが毎年参戦して活躍してるし、レース的にはマイナーじゃないと思うんですが、ミニカー的にはマイナーってことで。






08010406.JPG

PMA製 AUDI SPORT QUATTRO S1 PIKES PEAK 1987。
1987年の優勝車です。
通常のケースとは違ってでかい箱に入ってます。
シリアルbチぽいのも入ってるんで記念モデルなんでしょうかね。




08010411.JPG
08010409.JPG

前後についてるでっかい羽根が迫力っすね。
この羽根で強力なダウンフォースを発生して、地面に貼りつきながら走ってくんですね。




08010408.JPG

羽根以外はラリー・モデルとあんまり差はないような気もしますが、実はアウディのグループBはよく知らないんだよなぁ。

モデルの出来はまぁPMAなんでしっかりしてますが、特にエッチングパーツとか使ってるわけでもないのに定価¥9,000弱!
記念モデルってこんな商売するの?
自分はかなり安く買えたんでよかったですけどね。




08010407.JPG


しかしパイクスピークのミニカーって全然ないっすね〜。
前に紹介したホットウィールのモデル(タコマ以外にセリカもあった)とソリド(お!またソリド)が出してるプジョー205 T16くらいしか知らないっす。
後、トミカのショップ限定品みたいなやつでGT−Rがあったっけ?
でも欲しいのはプロトタイプの方なんだよなぁ。

スズキのツインエンジン・カルタスとかエスクードとかのミニカーってなんでないの?
すげぇカッコイイと思うんだけどなぁ。
どっか歴代のモデルどーんと出してくれないかなぁ。

よぉし、指名するぞ。


CM’sさん!

マツダ、フォード、三菱の次はスズキでどうでしょう?
ラリーモデルとはちょっと外れるかもしれませんが、半分くらいパイクスピークモデルで出してください!

この間スタリオン4WD出してっていってたら、もう試作品が発表されてたしなぁ。
もしかしてパイクスピークも?って期待したいなぁ。
よろしくお願いいたします。






posted by hiro-speedvan at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナー・レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

新年のごあいさつ

ども、明けましておめでとうございます

え〜昨年は皆様当ブログにお越しいただきありがとうございました。
おかげさまで、とりあえずの目標だった1万ヒットも達成できました。
今年もぼちぼちと続けていきますんでよろしくお願いいたします。

ということで、今年1発めの記事でございます。




08010201.JPG

ソリド製 Toyota Corolla Trophee Andros 2006。



08010202.JPG

いつものホビーショップで物色中に見つけたんですが、最初プジョーかと思ったんですよ。
でもよく見たらフロントのマークがトヨタ。
へ?カローラ???
しかも箱には「アランプロストコレクション」ってあるし。




08010207.JPG

こんな素敵な箱に入って値段が¥2,800くらいだったかな。
正体はわかりませんが、これは買いでしょう!
おっとメーカーはどこかな?


ソリド

いや〜ソリドのモデルなんて何年前に買ったきりだろう?
最近は全く眼中になかったなぁ。
でも、こいつはざっと見る限りけっこう造り細かいし、とにかく見た目がカッコいい!

てことで購入〜。
久々の定価買いです。




08010206.JPG

いや〜これ普通のカローラをラリー仕様にしただけじゃないでしょう。
フェンダーなんかすんごい膨らんでます。
だいたい3ドアのカローラなんて今あるんだろか?
ヨーロッパだと売ってるのかな?
さてこいつの正体は?


中のパンフレットやネットで検索したところ、アンドロス・トロフィーっていうフランスの氷上レースのマシンのようです。(パンフは英語、フランス語、独語でしか書いてない・・・)
2006年は15戦開催されたらしく、スキー場とかを転戦するみたいですね。
プロストは2006年から参加してるようです。
ラリーと違って数台いっぺんに走るらしくて、しかもほとんどドリフト状態。
ラリーよりD1に近いのか?

マシンは市販車とは別物でミッドシップ+4WD+4輪ステアリング(?)なんて書いてあります。




08010204.JPG

なんかエンジンらしきものが再現されてます。





08010205.JPG

ちょっとわかりにくですが、超ワイドトレッドに極細タイヤです。
もちろんスパイクタイヤ。(studded tyre)
テクニカルデータによると、コンチネンタル製AS Racing Contact 2だそうです。

その他のデータも紹介すると、


エンジン:レクサスRX300 3.0 60度V6 350bhp
シャーシ:チューブラー・スペースフレーム
重量:950kg
トランスミッション:6速シーケンシャル
ホイールベース:2250mm
フロントトレッド:1686mm
リアトレッド:1686mm

てとこです。
いや〜しかし、世の中まだまだ知らないレースがありますね。
今年はそんなところも掘り起こしてみたいっす。
て、ますます散財してしまうか・・・。

後、ソリドですが昔のイメージよりずいぶん造りが細かいですね。
ホイールとかはさすがに、ちょっとダルイ感じですが




08010203.JPG

内装とか値段を考えるとがんばってます。
ハンドルのセンターにつける黄色のテーピングまで表現してました。
今年はちょっとソリドもマークしてみよっと。


正月早々長文になってしまいましたね〜。
ども失礼しました。
ま、今年もひとつよろしくお願いいたします。















posted by hiro-speedvan at 03:07| Comment(4) | TrackBack(0) | マイナー・レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。